「渡る世間は鬼ばかり」 内部分裂で大ピンチ?・国内・海外を問わず、芸能・音楽・スポーツ関連の気になったニュースをピックアップ!独自の視点で綴っております。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「渡る世間は鬼ばかり」 内部分裂で大ピンチ?


「渡鬼」を卒業したいといい始めた泉ピン子

結束が固いことで知られる“渡鬼ファミリー”に内部分裂説が浮上している。泉ピン子(59)が「渡る世間は鬼ばかり」(TBS)を“卒業”したがっているのが原因だ。

>泉ピン子が抜けたら、どうしようもないでしょう!

「渡鬼」は今月末で第8シリーズが終了する。今後は特番での放送が検討されていて、そのドラマの展開をピン子が嫌がっているのだという。
「今後の『渡鬼』はピン子の長男を演じているえなりかずきが恋人の渋谷飛鳥と結婚するという設定になるといわれています。そこで石井ふく子プロデューサーはピン子にかつて赤木春恵が演じていた嫁をイビる姑を演じてほしいと思っているのです。しかし、ピン子がこれに乗り気ではないらしい」(放送関係者)

>あのちっちゃかった「えなり君」が結婚するまでになりましたかぁ!!
そりゃあ、私も年食ったと感じます(苦笑)

また、「渡鬼」を卒業したがっているもうひとつの理由もある。
ピン子は年明けに島田洋七原作のドラマ「佐賀のがばいばあちゃん」(フジテレビ)で、人情味あふれる祖母を演じて好評だった。
これがいずれ連ドラになるという情報もあって、「渡鬼」で嫌な役を演じるより「がばい」にシフトしたいとも考えているようだ。

>最近のピン子さんは、「キツイ」イメージよりも「世話焼きおばちゃん」のイメージの方が、合ってます!

平均視聴率17%以上をキープするオバケドラマ「渡鬼」の大ピンチといえるだろう。

〔引用 : livedoor NEWS

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。