MLB:ボンズ、日本のバットで新記録達成!?・国内・海外を問わず、芸能・音楽・スポーツ関連の気になったニュースをピックアップ!独自の視点で綴っております。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MLB:ボンズ、日本のバットで新記録達成!?


ボンズが、日本のバット製造社、SSKのバットでメジャー通算本塁打記録達成に挑む

ボンズ、日本製バットでメジャー通算本塁打新記録達成か? サンフランシスコの地元紙「サンホセ・マーキュリー・ニュース」紙は15日付けで、ジャイアンツのスラッガー、バリー・ボンズが、日本のバットメーカーSSKのバットで、ハンク・アーロンの持つ755本のメジャー通算本塁打記録を更新する可能性がある、と報じた。

>やはり日本の技術は、どの分野でも通用するのですね!

記事によると、ボンズが99年以来愛用しているバットは、カナダ・オタワを本拠地とするサム・バット社のものだが、世界的な温暖化のため、今冬、オタワは1月20日まで凍結せず、そのため、伐採搬出場が水浸しとなり、2月中旬までバット生産が不可能に。生産工程は1ヶ月遅れで、開幕までにボンズが75本注文していたバットも、現時点ではわずかに9本がボンズの手元に届く予定とされている。そこで、春季キャンプ中は日本のバット製造社のSSKがボンズにバットを提供。ボンズの好みに合わせて特注されたバットは、サム・バット社当時からと同じ34インチ、32オンス。握りは太めで黒と金の2色づかいのメープル素材で、ボンズ自身も「彼らは完璧にやってくれた」と大満足し、すでに、開幕にあわせて、36本をオーダーしたという。

>「SSK」にしてみれば、願ってもないチャンスだったのですね!
これで、ボンズがずっと「SSK」のバットを使ってくれれば最高なのですが・・・

記事によると、バットの販売自体で製造社が大儲けできることはないが、ボンズが通算本塁打記録を破れば、話は別。そのバットはテレビで何度もハイライトが放映され、ブランドネームを売ることになり、絶大な広告効果があるという。「誰が、本塁打記録を破るバットを提供したくないなんて思うだろうか。その勝利者は、日本のSSK社になりそうだ」と、報じている。

>がんばれボンズ!メジャー通算本塁打記録達成!!

〔引用 : livedoor NEWS

スポンサーサイト
Copyright © 芸能・スポーツかわら版 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。